劇場情報
劇場情報
bg

スターダスト STARDUST

bowie
やがて世界は彼《デヴィッド・ボウイ》を知る 誰もが知るデヴィッド・ボウイの、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト”誕生の物語。10月8日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開
bg

スターダスト STARDUST

bowie
やがて世界は彼《デヴィッド・ボウイ》を知る
PICCADILLY PICTURES SQN PRESENTS  A SALON PRODUCTION  AND WILDLING PICTURES PRODUCTION  IN ASSOCIATION WITH FILM CONSTELLATION  PRODUCED WITH THE PARTICIPATION OF TELEFILM CANADA  A FILM BY GABRIEL RANGE  “STARDUST”  JOHNNY FLYNN  JENA MALONE  DEREK MORAN  ANTHONY FLANAGAN  JULIAN RICHINGS  AARON POOLE  MONICA PARKER AND MARC MARON  CASTING BY DANIEL HUBBARD, CSA  CANADIAN CASTING BY JENNY LEWIS, CSA  SARA KAY, CSA  COSTUME DESIGNER JULIA PATKOS  MUSIC BY ANNE NITIKIN  FILM EDITOR CHRIS GILL ACE  PRODUCTION DESIGNER AIDAN LEROUX  DIRECTOR OF PHOTOGRAPHY NIC KNOWLAND BSC  EXECUTIVE PRODUCERS FABIEN WESTERHOFF  CHRISTOPHER FIGG  ROBERT WHITEHOUSE  SASKIA THOMAS  PRODUCED BY PAUL VAN CARTER  NICK TAUSSIG  MATT CODE  WRITTEN BY CHRISTOPHER BELL AND GABRIEL RANGE  DIRECTED BY GABRIEL RANGE
誰もが知るデヴィッド・ボウイの、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト”誕生の物語。
10月8日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開
  • ムビチケ
  • ムビチケカード

Trailer
Trailer

STORY
STORY

やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。
やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。
やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。

やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。
やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。
やがて世界は、彼《ボウイ》を知る。

音楽史にその名を刻む偉大なアイコン
《デヴィッド・ボウイ》。
映画『スターダスト』はアルバム「ジギー・スターダスト」(1972)を発表する前年、若き日のデヴィッド・ボウイを描いた“ジギー・スターダスト”誕生の物語。

1971年、「世界を売った男」をリリースした24歳のデヴィッドはイギリスからアメリカヘ渡り、マーキュリー・レコードのパブリシスト、ロン・オバーマンと共に初の全米プロモーションツアーに挑む。しかしこの旅で、自分が全く世閻に知られていないこと、そして時代がまだ自分に追いついていないことを知る。ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、アンディ・ウォーホルとの出会いやファクトリーなど、アメリカは彼を刺激した。兄の病気もデヴィッドを悩ませていた。いくつもの殻を破り、やがて彼は世界屈指のカルチャー・ アイコンとしての地位を確立する最初の一歩を踏み出す。《デヴィッド・ボウイ》になる前のデヴィッドの姿。

本作は、のちにデヴィッド・ボウイの最も有名な別人格“ジギー・スターダスト”を生み出すきっかけとなった瞬間の舞台裏、キャリアのターニングポイント、それに関わった人たち、そして彼の内面と心の葛藤、時代の最先端を見つめる彼の変化を描く。

bg
bg
david
before
bowie

CAST
CAST

ジョニー・フリン “デヴィッド・ボウイ”

ジョニー・フリン “デヴィッド・ボウイ”

JOHNNY FLYNN
JOHNNY FLYNN
俳優兼ミュージシャンのジョニー・フリンは数多くの作品に出演している。オータム・デ・ワイルド監督『EMMA エマ』、英国アカデミー賞受賞『BEAST(原題)』、Netflixシリーズ「恋愛後遺症」、ITV「Vanity Fair(原題)」に出演。エミー賞受賞のテレビシリーズ「ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン」では批評家選出テレビ賞にノミネート。直近ではサイモン・ストーン監督のNetflix映画「時の面影」、ジョン・マッデン監督の『Operation Mincemeat(原題)』、スティーヴン・ザイリアンのTVシリーズ「RIPLEY(原題)」に出演、マラキ・スミス監督のミュージカル映画『The Score(原題)』では出演し楽曲提供もしている。舞台ではサム・シェパードの「TRUE WEST」や「ハングメン」「TWELFTH NIGHT/RICHARD III」「JERUSALEM」などに出演し、いくつもの賞にノミネートされている。また、彼のバンドJOHNNY FLYNN & THE SUSSEX WITは4つのアルバムをリリースしており世界ツアーも行っている。

マーク・マロン “ロブ・オバーマン”

ジョニー・フリン “デヴィッド・ボウイ”

MARC MARON
MARC MARON
コメディ作家兼俳優として30年もの間、エンタテインメントに携わってきたマーク・マロン。ポッドキャスト番組「WTF with Marc Maron」で広く知られる彼は、当番組でキース・リチャーズ、ブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、前アメリカ大統領バラク・オバマなど数々の著名人をインタビュー。この番組は月平均600万ダウンロード、合計5億ダウンロードされるほどの社会現象となっている。また、Netflixの人気TVシリーズ「GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング」や、トッド・フィリップス監督『ジョーカー』、ピーター・バーグ監督のNetflix「スペンサー・コンフィデンシャル」などに出演。その他、2019年SXSWにてプレミア上映されたリン・シェルトン監督映画『Sword of Trust(原題)』で主人公を演じている。次回作としてはアレサ・フランクリンの伝記映画『RESPECT(原題)』に出演。現在Netflixではマーク・マロンのスタンダップコメディ「マーク・マロンのまじリアル」「マーク・マロンの楽しい終末」が配信されている。

ジェナ・マローン “アンジー・ボウイ”

ジョニー・フリン “デヴィッド・ボウイ”

JENA MALONE
JENA MALONE
12歳の頃から役者となったジェナ・マローンは、ジュリア・ロバーツとスーザン・サランドンと共演した『グッドナイト・ムーン』での演技が高く評価されており、『ハンガー・ゲーム』シリーズ出演でも広く知られている。ニコラス・ウィンディング・レフン監督のAmazonシリーズ「トゥー・オールド・トゥー・ダイ・ヤング」や同監督の『ネオン・デーモン』にも出演。その他にもエミリオ・エステヴェス監督『パブリック 図書館の奇跡』、ソー・ヨン・キム監督『ラブソングに乾杯』、オーレン・ムーヴァーマン監督の『ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度』『メッセンジャー』、ポール・トーマス・アンダーソン監督『インヒアレント・ヴァイス』、ザック・スナイダー監督『エンジェル ウォーズ』、ショーン・ペン監督『イントゥ・ザ・ワイルド』、アンソニー・ミンゲラ監督『コールド マウンテン』、ジョー・ライト監督『プライドと偏見』ほか多くの映画やテレビシリーズに出演を果たしている。直近では2021年に公開予定(アメリカでは2020年に配信)の『アンテベラム』でジャネール・モネイと共演している。

STAFF
STAFF

ガブリエル・レンジ (監督・脚本)

ガブリエル・レンジ (監督・脚本)

GABRIEL RANGE
GABRIEL RANGE
ウェールズ出身の映画監督ガブリエル・レンジ。ドキュメンタリー作品を手掛けてきた彼は、映画「The Day Britain Stopped(原題)」で初めて長編ドラマ映画を監督し、英国アカデミー賞で新人監督賞にノミネートされている。2006年には自身が脚本を手掛けた『大統領暗殺』を監督し、トロント国際映画祭で国際批評家賞を受賞した他、国際エミー賞を含む5つものメジャーな賞を受賞。その他に『I Am Slave(原題)』を監督し、2010年にトロント国際映画祭でプレミア上映され、英国アカデミー賞にノミネートされている。直近ではBBCのドキュメンタリーシリーズ「This World(原題)」やソニー・ピクチャーズ・エンターテインメントのTV映画「Outlaw Prophet(原題)」などTV向けの作品を多く手掛けている。また、現在レンジは共同で『Lust for Life(原題)』の脚本を手掛けている。本作はデヴィッド・ボウイの人生のまた新たな一部を切り取った作品になっており、ボウイがイギー・ポップと共に西ベルリンで暮らした日々を描いている。

STATEMENT
STATEMENT

一人の人間がアーティストになる姿を映画で描きたかった。何がその人間にアートを創らせるのか。その人間とはデヴィッド・ボウイだ。大スターのデヴィッド・ボウイや、彼の別人格ジギー・スターダスト、アラジン・セイン、シン・ホワイト・デュークなどのことは皆知っていると思う。私はいつも彼のことを遠くにいるマスクの存在、神や宇宙人のような者として思っていた。彼の死でさえ完璧に演出されているようで、彼のことを普通の人間としては見られなかった。彼の伝記映画や彼のベストアルバムのような映画は撮りたくなかった。知らない彼を描きたかった。アーティストとしての彼を創り上げた心の旅を。
私は子供の頃からデヴィッド・ボウイに魅了されてきた。全てのレコードを買い、全てのインタビューや自伝を読んだ。このプロジェクトのことを考え始めて驚いたのは、誰も彼の家族関係や有名になる前のことを詳しく知らないということだ。1971年、初めてアメリカに到着したデヴィッド・ボウイはまだスターではなかった。とても野心的だが自信がない若者だった。一曲だけヒット曲があったが、音楽業界からは全く評価されていなかった。そして、彼は自分を育ててくれた兄、テリー・バーンズと同じ人生の結末を迎えることを恐れていた。10歳年上の兄テリーは、デヴィッドに音楽のことを教えてくれた。初めてのライブへ連れて行ってもらい、初めてのレコードを買ってもらった。
デヴィッドの母方の叔母と祖母は皆、精神病の発作に悩まされており、1967年デヴィッドが20歳の時、遂にテリーまでも精神病院に入院することになる。自分も統合失調症に襲われる可能性があることへの恐怖は「世界を売った男」に現れている。自身のひび割れた内面を歌うことで自分を保っていたのかもしれない。ただ、彼の求めていたような名声は手に入らなかった。
彼の初めての渡米に関してはあまり記録が残っていない。ある意味、最悪の旅だった。自分の曲を宣伝しにきたにも関わらず、ビザも、音楽家ユニオンの書類もなかったため、彼は目的の曲の演奏が許されなかった。代わりに彼は、別人格であるジギー・スターダストを創り上げるための幾つかのアイデアを発見した。
デヴィッドが悩んだ末にたどり着いた、狂気を安全に経験する方法がジギーなのかもしれない。多重人格障害が発症する前に、多重人格を作り上げてしまう手法なのかもしれない。それは、世界的な有名ロックスターになるという妄想を現実へと変えてしまった。
とても現実的な映画だと思うが、スペキュレイティブ・フィクションでもある。幾つかの人間関係は少し作り上げたし、作品自体少し明るく楽し気なトーンになっていると思う。だけど、この当時のデヴィッドの心境を正しく描けていることを願っている。
ボウイ役は見た目が似ている俳優を探すことは重要ではなく、それよりも迷走中の駆け出しアーティストの気持ちを理解できる俳優を優先的に探していた。俳優としてもミュージシャンとしてもジョニー・フリンのことがとても好きだったから、実際に会った時に彼がボウイオタクだと知り彼しかいないと思った。

クリストファー・ベル (脚本)

クリストファー・ベル (脚本)

クリストファー・ベルは現在NBCユニバーサルからの依頼で「Inlaws and Outlaws(原題)」という作品のパイロット版の脚本を書いている。また、彼はAMCとDCM Berlinの新しい番組の脚本兼製作総指揮を務めている。さらにNetflixのドキュメンタリーシリーズ「ラスト・ツァーリ:ロマノフ家の終焉」の脚本も手掛けた。今後の仕事としては、Sky TV向けのTVドラマ「A Town Called Malice(原題)」を予定している。脚本家になる前までベルは幾つかのライフスタイルマガジンのライター兼エディターとして働いていた。また、世界初のiPadマガジン“Project”を立ち上げている。BBC、CNN、The Daily Telegraph、The Sunday Times、Cosmopolitan、Grazia、Bridesなどのメディアにライターとして記事を提供している。
bg
bg

ABOUT DAVID BOWIE
ABOUT DAVID BOWIE

1947年1月8日、英ロンドン生まれ。本名デヴィッド・ロバート・ジョーンズ。1964年、“ディヴィー・ジョーンズ・アンド・ザ・キング・ビーズ”名義の「リザ・ジェーン」でシングル・デビュー。その後、モンキーズのデヴィッド・ジョーンズと間違えられるのを避けるために”デヴィッド・ボウイ“と名を改める。1967年、デビューアルバム〈デヴィッド・ボウイ〉を発表。1969年〈スペイス・オディティ〉をリリース。1970年、ミック・ロンソンをサウンド・パートナーに迎え〈世界を売った男〉をリリースしたがほとんど話題にならず、ボウイは同年春に初めて渡米し同作をプロモーションした。同年5月、当時の妻アンジェラとの間にダンカン・ゾウイ・ヘイウッド・ボウイが生まれる。1971年〈ハンキー・ドリー〉リリース。1972年にリリースされ瞬く間に名盤となったのが〈ジギー・スターダスト〉(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and The Spiders from Mars)である。1973年6月3日、ボウイは全米ツアー最終日に突如、ステージ上でジギーとスパイダーズを葬り去る。1973年〈アラジン・セイン〉リリース。1975年〈ヤング・アメリカンズ〉ではジョン・レノンとの共作シングル「フェイム」で初の全米1位を獲得。1977~79年にブライアン・イーノとのコラボレーションで制作されたアルバム〈ロウ〉、〈ヒーローズ(英雄夢語り)〉、〈ロジャー〉は、のちに“ベルリン三部作”と呼ばれた。1980年〈スケアリー・モンスターズ〉に続く1983年〈レッツ・ダンス〉では、全米4位、全英1位というキャリア最大のメガ・ヒットを記録。同年公開された、大島渚監督の映画『戦場のメリークリスマス』にビートたけし、坂本龍一らと共に出演。1989~91年頃にはロック・バンド“ティン・マシーン”として活動。1993年には〈ブラック・タイ・ホワイト・ノイズ〉でソロ活動を再開。2004年には8年ぶりの来日公演を果たした。その後、動脈瘤による体調不良で活動を休止。2013年1月8日、ボウイの66歳となる誕生日に突如、ニュー・シングル「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」発表と10年ぶりとなる新作〈ザ・ネクスト・デイ〉の発売をアナウンス。アルバム〈ザ・ネクスト・デイ〉は累計世界15ケ国以上のアルバム・チャ-トで1位、全世界の60ヶ国以上のiTunesチャートでも1位を獲得。世界的な評価を得て、再び音楽シーンの最前線に復帰。〈ザ・ネクスト・デイ〉リリース直後より、デヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを総括した大回顧展「DAVID BOWIE is」が、イギリスより世界各国を巡回スタート。2015年、ウォルター・テヴィスの小説で、映画版をボウイが演じたことで有名な『地球に落ちてきた男』にインスピレーションを得て生まれたオフ・ブロードウェイ歌劇『ラザルス』発表。自身の69回目の誕生日にあたる2016年1月8日、ニュー・アルバム〈★(ブラックスター)〉を発表。「DAVID BOWIE is」が2017年に日本開催される事も同日発表され、日本を始めとした世界中の音楽ファンたちの話題を集めていた中、1月10日、デヴィッド・ボウイは18カ月間に渡る癌との闘病の末、逝去。新作〈★(ブラックスター)〉は、世界20以上の地域でアルバム・チャート1位、iTunesの69カ国のチャート1位獲得。全米アルバム・チャートでは、自身初の1位(1/30付)、全英アルバム・チャートでも10作目となる1位(1/21付)を両チャート共に初登場で獲得。 10月、舞台“ラザルス”のキャストによるボウイ楽曲、ボウイ本人による生前最後のスタジオ・レコーディング音源3曲を収録したアルバム〈ラザルス〉を発表。 2017年1月8日、ボウイ70回目の誕生日より、大回顧展「DAVID BOWIE is」日本展が開幕。(アジアで唯一の開催となり、巡回展として10都市目の開催)第59回グラミー賞でアルバム〈★(ブラックスター)〉より、「最優秀ロック・ソング」を始め、「最優秀ロック・パフォーマンス」、「最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム」、「最優秀レコーディング・パッケージ」、「最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)」のノミネートされていた5部門全てで受賞。英国のブリット・アワードでは「最優秀ブリティッシュ・アルバム」、「最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト」を受賞した。
THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST AND THE SPIDERS FROM MARS
アルバム
『THE RISE AND FALL OF ZIGGY STARDUST
AND THE SPIDERS FROM MARS
/ ジギー・スターダスト』
10.8 (Fri)
Major Tom
監督:ガブリエル・レンジ プロデューサー:ポール・ヴァン・カーター, ニック・タウシグ, マット・コード 脚本:クリストファー・ベル, ガブリエル・レンジ CAST:ジョニー・フリン/ジェナ・マローン/デレク・モラン/アーロン・プール/マーク・マロン 2020年|イギリス/カナダ|109分|原題:STARDUST|PG12 cCOPYRIGHT 2019 SALON BOWIE LIMITED, WILD WONDERLAND FILMS LLC 提供:カルチュア・パブリッシャーズ/リージェンツ 配給:リージェンツ 宣伝:ビーズインターナショナル